出会いの場所

東京で彼女を作るなら

東京都で出会いが多額場所(スポット)は?

日本の大都会である東京には全国各地から人が集まってくるので、その分出会いの数も大口といえます。

しかし、そんな東京に居ながらなかなか女性と出会う機会がなくて困っている人もいるのではないでしょうか?

いくら人が少なくないとは言え、女性が集まるスポットに行かなければ出会いがないのも当然です。

また、逆に人が多ければいいという訳ではなく、出会いを期待している女性が集まる場所に行くことが肝心。

では、そんな東京の女性と出会うには一体どこに行けばいいのでしょうか?

東京には出会いスポットがたくさんあるんです!

そこで今回は、東京の女性と出会いたい人のためにおすすめの出会い場所(スポット)と実際に出会う方法をご紹介したいと思います!

東京で出会いのある場所(スポット)15選は?

それでは早速、東京の中で女性と出会いやすい場所(スポット)をご紹介していきたいと思います。

東京にはたくさんおすすめのスポットがあるので、地元の方や観光で訪れる方もぜひ一度足を運んでみて下さい。

1:浅草雷門

東京の観光名所の中でこの上なく有名なスポットの1つが浅草の雷門。

最近では、食べ歩きスポットとして女性にも人気が高まっていたり、インスタ映えするカフェも増えてきたことから女性だけで訪れる人も急増しています。

また、浴衣を着ながら浅草を散策したい女性も多く、自分たちの写真を撮って楽しんでいる子たちも多数ので、そういう女性を見かけたら『写真お撮りしましょうか?』と声をかけてみましょう。

女の子たちもチヤホヤされるのが喜悦ので、写真を撮りながら『浴衣似合ってますね!浅草に来たのは初陣ですか?』と声を掛ければ、気さくに話してくれたりもします。

別して、浅草仲見世通りはナンパしやすいスポットとも言われているので、ぜひ一度足を運んでみるといいでしょう。

2:恵比寿横丁

多くの居酒屋がギュウギュウに立ち並ぶ恵比寿横丁では、隣の人と肘がぶつかるくらい眉睫距離に座れるので自然と知らない人同士でも会話が起こり、仲良くなれたりします。

東京の中でもナンパがしやすいスポットとして5本の指に入るくらいおすすめの場所で、お酒も入っていることから女性も陽気になっており、声を掛けやすい雰囲気に!

色んなジャンルのお店があるので何度通っても違った楽しみ方ができ、飽きることはありません。

また、恵比寿横丁では女性限定のイベントなども開催しており、『ミニスカだと一杯サービス』みたいなイベントの時にはかなり攻めた格好の女性が来ることも。

基本的にノリの良好女性が多く、ナンパだと思っても相手してくれたりもするので、行ってみて損はないスポットだといえます。

3:スクランブルカフェ&バー

JR渋谷駅から徒歩一分の高架下にある『スクランブルカフェ&バー』は、昼間はカフェとして営業していながら夜になるとスポーツバーに変わる2つの顔を持つお店。

女性と出会いたいなら夜がおすすめで、別してサッカー日本代表の試合がある時には店内がパンパンになるほど多くの男女で賑わっています。

お酒を飲みながらスポーツ観戦で盛り上がった状態なら、自然と会話も生まれあっという間に友達になるなんてことも。

そこでは連絡先の交換までにしておいて、後日会うことで色んな場所にデートに行けたりもして、ゆくゆくは付き合うことにも…?!

バーという落ち着いてお酒を飲む場所というイメージがあると思いますが、スクランブルカフェ&バーはかなり賑やかなお店なので活気ある女の子と出会いたい人におすすめですね!

4:池袋サンシャイン通り

池袋の中でどれよりも人通りが沢山池袋サンシャイン通りには、映画館から洋服のショップ、飲食店もあることから暇つぶしにはもってこいのスポット。

そのため、休日には暇を持て余した女の子たちが何の予定もなくブラブラ歩いていることもあるので、近くのスポッチャで一緒に遊んだり、飲みに誘ったりすればノリよく付いてきてくれたります。

近くにフクロウカフェなど女性が集まるお店も大口ので、そこを覗いて動物に触れ合いながら女性に声を掛けるのも池袋ならではのナンパのやり方の1つ。

思いの外休日よりも平日の昼間にブラブラしている人の方が誠に予定もなく暇していることが夥しいので、平日休みの人は一度行ってみて暇そうにしている女性に声を掛けてみるといいでしょう。

暇そうにしている女性の特徴は歩くスピードが明らかに夜が晩いので、トボトボ周りを見ながら歩いている人を見かけたらチャンスだと思っていいでしょう。

5:銀座コリドー街

銀座コリドー街はナンパで有名なスポットで、もはや女性からも認知されており、ナンパされたい女性が集まってくる場所となっています。

ただ、コリドー街でナンパ街している女性はそれなりに声を掛けてくる男性を見定めているので、オドオドしていると好いお店とかも知らない童貞と思われ、無視されることもあるのでご注意を。

そう、コリドー街でナンパ街している女性は甘味お店やお金持ちの男性と知り合いたいという人が沢山ので、普段からナンパをよくしている人や銀座界隈のお店をよく知っている人にはおすすめだといえます。

とはいえ、女性もナンパ待ちしているということで声を掛ける練習をするには最適の場所なので、最初は失敗覚悟でぐいぐい声を掛けてみましょう。

数打ち当たるという言葉があるように、声を掛けまくっていることで次々スムーズに話せるようになり、思わぬ何よりの出会いに巡り会えるかもしれませんよ!

6:JR新宿駅東南口エリア

待ち合わせ場所としても使われることが大口JR新宿駅東南口エリアの近くには、フラッと立ち寄れるカフェや甘味お店も幾多のので、色んなところに女性を誘いやすいのがおすすめの理由。

せっかく声を掛けていい感じになれても、座って話が出来る場所が近くになければ、逃げられてしまうこともあります。

JR新宿駅東南口エリアには買い物する施設も多く、何気なくふらついている女性もいるので見つけたら声を掛けてみるといいでしょう。

近くにルミネtheよしもともあるので、お笑い好きな子なら一緒に漫才を見に行くのもアリ!

同じ趣味なら最初から話のネタもあるので、距離も一気に縮まります。

7:ATOM(アトム)

ATOM(アトム)は若者の街・渋谷にあるクラブで、渋谷の中でも一番の盛り上がりを見せていると言われています。

若者が多く集まる街が故にATOM(アトム)に集まる女性の平均年齢も非常に若く、テンション高めのパリピ系女子と出会うことができるスポットです。

クラブに来ている女性には2パターンあって、男性に声を掛けられるのを待っている女性と純粋に音楽を楽しみに来ている女性。

後者に対していくらアプローチしても時間の無駄になるだけなので、いかにナンパされるのを待っている女性を見つけてアプローチできるかが重要になってきます。

クラブにいる女性に声を掛ける時には、まず飲み物を奢ってあげて、そこから会話を始めるというのが鉄板の流れとなっています。

一緒に飲みながら話している中で、出会い目的で来ているか如何にかを見極め、話が盛り上がったタイミングで『他でゆっくり飲まない?』と誘ってお持ち帰りできれば、その日は女の子と色んなことを楽しめるでしょう。

8:clubdiana(クラブダイアナ)

引き続きクラブの紹介になりますが、clubdiana(クラブダイアナ)は銀座に唯一あるクラブで、ATOM(アトム)とは違い落ち着いた雰囲気なのが特徴。

客層を見てみても銀座近くに勤めているであろうサラリーマンが多く、大人が集まるクラブなので、バーとして利用している人も多かったりします。

そのため、大人の女性も訪れることがあり、お酒を飲みながらゆっくり女性と会話したいという人におすすめのスポットだといえます。

サラリーマンが沢山ことから平日は多くの人で賑わっているのですが、休日は逆に人が少なかったりするので出会い目的で行くなら平日が断然おすすめ。

会社帰りに立ち寄ることもできるので、職場で気になる人がいれば誘ってみるのもいいでしょう。

9:ペンギンのいるBAR

数あるバーの中でもペンギンを見ながらお酒を飲める場所は珍しく、ペンギン目当てでやってくる女性も沢山のが池袋にある『ペンギンのいるBAR』。

時間帯によってはペンギンに餌やりをすることもでき、ペンギンに触れ合うことで女性のテンションも上がり、自然と面白い雰囲気が出来上がります。

また、お酒のレパートリーも多く女性を楽しませるメニューも豊富なので、普通のバーとしても使える便利なお店。

池袋の相席屋などで仲良くなった女性に『ちょっとペンギン見に行かない?』と誘えば、気になって付いてきてくれる女性も!

実際に、私はこの手法で女性を相席屋から連れ出して、その日の夜を共に過ごすことが出来ました(笑)

10:都内大学の学園祭

東京にはたくさんの大学があり、学園祭シーズンになると至るところで学園祭が行われています。

大学の学園祭も出会いのあるスポットして個人的に注目しており、毎年色んな大学の学園祭に行って女子大生と仲良くなり、連絡先の交換をしています(笑)

女子大生はちょっと若すぎる・・・という人にはおすすめではありませんが、弱年年下の彼女が思わしいという人にはぜひとも行ってみて望ましいスポットですね。

別して、女子大の学園祭だと男慣れしていない女子もいたりするので、そういう子に積極的にアプローチすれば、押しに負けて連絡先を交換できたり、学園祭後にデートすることもできたりします。

ただ、学園祭で女子大生と仲良くなるには出店のものを買わないといけないので、僅か出費がかさむのが難点といえます。

11:中野ブロードウェイ

サブカル系のショップが立ち並ぶ中野ブロードウェイには、マニアな趣味を持った女性が集まることで知られます。

なので、同じ趣味を持っている女性と出会いたいと思っている人におすすめの場所でもあり、出会ってからも共通の趣味の話をすれば、すぐに仲良くなれるでしょう。

また、中野自体が非常に住みやすい街で近くに商店街や飲み屋街、ショッピングモールも揃っているので近くに住む女子大生やOLさんをよく見かけます。

飲食店も選ぶのに困るくらいたくさんのお店が軒を連ねているので、食事に誘いやすいのもおすすめの理由の1つ。

休日にはたくさんの人で賑わっているので、女性も安心して会いやすい場所だといえます。

12:オリエンタルラウンジイブ(新宿歌舞伎町店)

最近女性と相席できる相席居酒屋が流行っていますが、新宿歌舞伎町にあるオリエンタルラウンジイブは普通の相席居酒屋よりも内装がキレイで高級感があるのが特徴。

そのため、女性も安心して来やすく、週末にもなればすぐには入店できないくらい多くの男女で賑わっています。

その分、入店できればたくさんの女性と相席を通じて出会うことができるので、手っ取り早く女性と出会いたいという人は行って見る価値あり!

オリエンタルラウンジイブで女性をゲットするコツとしては、店内でいつも話すのではなく、ある程度会話をして仲良くなれたなと思ったら早々に二軒目に連れ出すのがポイント。

二軒目に誘って付いてきてくれる子は出会い目的で来ているということが分かるので、互いに目的があれば話も進みやすくなります。

相席形態のお店では女性は飲食無料の事が多く、そのためタダ飯目的で来ている女性もいたりします。

そういう女性にはいくらアプローチしても動じないので、タダ飯目的の女性と相席してしまったらすぐにチャンジして別の女性に変えてもらいましょう。

13:渋谷肉横丁

男女ともに好きな人がうんとのが肉料理。

渋谷にある肉横丁には様々なお肉料理屋さんがあり、文字通り肉食系女子が集まってくるスポット。

ただ、女性の中には肉料を食べるだけでなく男性から声を掛けてもらって一緒に食べたいという人もいるので、女性だけで来ている人を見つけたら積極的に声を掛けてみるのもアリ。

肉横丁の中には何軒もはしごしやすいようにたくさんのお店があるので、仮に最初に入ったお店で出会いがなかったら次へ次へとじゃんじゃん出会いを探しにいきましょう。

平日にはお肉好きな美人OLも来ていたりするので、肉料理を楽しみながらキレイな女性との出会いを探しにいってみてはいかがでしょうか?

14:原宿竹下通り

原宿の竹下通りにいる大半が女子高生と非常に年齢層若めな女性が集まっていますが、ショップ店員には大人の女性も多く、仕事終わりの女性に声を掛けてナンパできたりもするスポット。

また、カラフルな綿菓子などインスタ映えするお店も少なくないので、SNSに敏感な女子大生もよく来るので若々しい女性と出会える絶好のスポットだったりもします。

竹下通りに来ているほとんどの女性が暇つぶしできているので、ご飯やお茶に誘ってみると何よりな確率で一緒に行くことが出来たりします。

女性が好きなスイーツのお店も夥しいので、『奢るからあのお店行かない?』と言えば付いてきてくれる子もいるはずです。

15:恵比寿肉寿司

先程もお伝えした通り、肉好きな女子は実に一方ならぬんです!

恵比寿にある肉寿司では文字通りお肉のお寿司を食べることができ、食べ放題のメニューなども女性から大人気。

実際に行ってみると女性4,5人で来ている人もいたりして、テーブル同士の距離も鼻先ので隣のテーブルの女子たちと仲良くなることも!

デートにも使えるお店なので、仲良くなった女の子を連れて行くと喜ばれるでしょう!

このように、東京には出会いのある場所がたくさんあるので行ってみようかなと思った場所から行ってみて、いい出会いを探してみてください。

東京の女性と出会う時の注意点!

東京にいる女性は人が無数分、普段から男性に声を掛けられる機会も多かったりします。

それこそ新宿や池袋を歩いていると普通にキャッチやキャバクラのスカウトの勧誘があったりするので、男性から声を掛けられることにウンザリしている女性もいます。

だからこそ、最初から下心丸出しな声の掛け方をすると即座に無視されて、足早に立ち去られてしまいます。

なので、東京の女性に声を掛けて仲良くなりたい時は、いかにナンパっぽさを感じさせないかがポイント!

それこそ『今暇ですか?』『良かったらお茶でもしません?』なんてのは一瞬でナンパと悟られるのでNG。

そうではなく

『東京に初物来たんですけど、この辺でおすすめのカフェとかってあります?』
『地方から来ていて迷ってるんですけど、駅ってどっち方面ですか?』
『すいません、さっき落とし物拾ったんですが、交番どっちか知りませんか?』
というように普通に道を尋ねる感じで声を掛けると、相手もナンパだと思わず話してくれたりします。

あとは、それをきっかけに相手に各種質問しながら会話を広げていき、暇を持て余していたんだなと感じれば積極的にお茶などに誘ってみると意表乗ってくれたりするのです。

あとは、一人でバーなどに行った時はいきなり隣に座るのではなく、何度か目が合ってから『お隣いいですか?』と聞いてから近づき、『人生で初物一人でバーに来たんですけど慣れないもんで緊張しちゃて(笑)よくバーとかには来られるんですか?』と話し始めれば自然な流れで会話も進んでいきます。

ナンパ耐性のある東京の女性を口説くには、いかにファーストコンタクトでナンパだと思われないかが重要になってくるので、声を掛ける時には工夫してみてください。